若者の育て方

FCバルセロナのユースを移籍せざるをえなくなった久保君のニュースを度々聞くようになりました。まだ若干13歳ではあっても、逸材と言われる彼を日本のユースが育てられるかどうか話題になっています。現時点では、サッカーの技術指導の面でも、サッカー以外の面でも、世界の一流の育成機関との差は大きいとの指摘がされています。

振り返って自分の学生指導が、本当に世界レベルなのかどうか、学生のもっている力を伸ばしていける指導になっているのか、考えなくてはいけないと思いました。才能ある学生の能力を潰さないような指導になっているか、世界への最短距離を歩ませることができているか、しっかり考えていきたいと思います。攻めるだけでなく、彼らを守り、分をわきまえさせつつ、伸び伸び活躍できる場を作れているかを考える必要があるように思います。

http://news.livedoor.com/article/detail/10116543/

http://coachunited.jp/column/000235.html

HT013437

This entry was posted in 一般. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当てはまる数字が認証コードになります. *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>