後継者

ソフトバンクの孫さんが、後継者に、Google経営部門トップから引き抜いてきたニケシュ・アローラ氏を指名しました。孫さんの後継者の条件は、企業の時価総額を10年で5倍にできる人、ということでしたから、現在、約9兆円の時価総額をもつソフトバンクを45兆円の規模にできる人ということになります。そこで、その規模の経営経験をもつ人材として、アローラ氏が選ばれた、ということのようです。といっても、昨日今日、引き抜いた人、ということではなく、Yahoo Japan!の検索エンジンにGoogleを採用する、という案件が出た2008年から付き合いがあった、ということなので、長い付き合いがあったということがわかります。ソフトバンクアカデミアという後継者育成のための研修機関まで作っていた孫氏ですが、海外から後継者を選んだのは、やはり世界に開けたソフトバンクのイメージを作りたかったからのようです。

どんな組織でも後継者問題は非常に重要です。私の研究室でも、自分の研究姿勢を受け継いでくれる次世代の研究者を育てたい、という目標をもって、学生の皆さんに接しています。研究は常に前進していくものであり、同じ研究を行なっていくわけではないので、研究を受け継ぐとは、「研究スタンス」を引き継ぐものなのだと考えています。自分の研究のスタンスが、引き継いでもらえるほどの完成度になっているのかどうか、吟味し続けなければならないと思わされました。

http://toyokeizai.net/articles/-/69926?utm_source=yahoo&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=related

http://diamond.jp/articles/-/65307

http://logmi.jp/28952

SoftBank Corp. Chief Executive Masayoshi Son (L) and Nikesh Arora, former Google chief business officer and currently SoftBank Vice Chairman, leave a news conference in Tokyo May 11, 2015. Son said on Monday that Vice Chairman Nikesh Arora was a strong candidate to lead the Japanese telecommunications and Internet conglomerate in the future. REUTERS/Issei Kato

SoftBank Corp. Chief Executive Masayoshi Son (L) and Nikesh Arora, former Google chief business officer and currently SoftBank Vice Chairman, leave a news conference in Tokyo May 11, 2015. Son said on Monday that Vice Chairman Nikesh Arora was a strong candidate to lead the Japanese telecommunications and Internet conglomerate in the future. REUTERS/Issei Kato

This entry was posted in 一般. Bookmark the permalink.

One Response to 後継者

  1. Tadahiko Murata says:

    ニケシュさんが退任されるそうです.後継者問題,やっぱり難しいですね.忍耐とスピード感をどのように一致させるかが問題なんでしょうね.

    http://news.livedoor.com/article/detail/11671209/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当てはまる数字が認証コードになります. *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>