248日問題

米国連邦航空局がボーイング787機の電源系を少なくとも248日に1回は再起動するようにという命令を出したそうです.これは,ソフトウェアのタイムスタンプがオーバーフローする問題に起因すると考えられています.シンプルな問題ではありますが,継続的に稼働させ続ける機器のソフトウェアの設計に関して注意が必要であることを思い起こさせます.

http://japanese.engadget.com/2015/05/02/787-248-32bit/

dreamliner1

This entry was posted in 講義関連. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当てはまる数字が認証コードになります. *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>