Facebook連携(その2)

仕掛け8:Facebookへの自動投稿をするためのプラグインを導入しました。さっそく、この投稿を初めての自動投稿記事として投稿しています。Facebookページでご覧の皆様、投稿の通知に不備がありましたら、ご容赦ください。ここまでに導入している、英語化やサムネイル表示機能などとの整合性はまだチェックできておりません。

http://webnonotes.com/wordpress/wordpress_twitter_facebook/

This entry was posted in ウェブサイト構築. Bookmark the permalink.

2 Responses to Facebook連携(その2)

  1. tadahiko says:

    リンク先にありますように、Jetpackというプラグインを利用して、連携をしているのですが、連携先の投稿での画像の指定方法の検討をしておりました。All in One SEOという別のプラグインのSocial MetaのImage Settingsというところで、Facebook用の画像の登録を行い、その画像をデフォルトの画像(記事で画像が指定されないときの画像)として登録していたのですが、記事ごとにどのように画像を指定するかがわかっていませんでした。記事を投稿する際に、記事ごとにAll in One SEOのプラグインによる指定メニューが表示されるので、そのメニューの中の、Social Settingsのイメージとして登録すると、表示されることが判明しました。そのイメージとして登録するためには、記事のアイキャッチ画像としてまず登録すると、Social Settingsのイメージの選択肢にあがってくるので、選択すればよい、ということのようでした。複数のプラグインにまたがった共有の方法であるため、なかなか勘所がつかめませんでしたが、ようやく特徴ある記事の発信ができそうです。

  2. tadahiko says:

    このブログの投稿の連携先としては、研究室のFacebookを指定し、村田個人のFacebookページには、手動で貼付けを行なっていたのですが、村田個人のFacebookにログインした状態で、研究室ブログの各記事になるfacebookシェアボタンを押すと、村田個人のタイムラインに投稿できることがわかりました。全公開されている研究室のFacebookページよりも、友人たちだけで閲覧できる村田個人のタイムラインの方がコメントしやすい、という方も大勢いらっしゃると思いますので、うまくシェアできる方法がみつかってよかったです。ちなみに、研究室Facebookでの「いいね!」も村田個人のシェアへの「いいね!」もどちらも、ブログのシェアボタンの横の数字に加算されるようなので、とっても調子がよいです。様々なプラグインを導入しましたが、ようやく落ち着いて運営ができそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当てはまる数字が認証コードになります. *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>