人工知能

3回目の人工知能ブームがきていると言われています。以下の記事の前編の2ページ目でのべられているIf-Thenルールをファジィ化したFuzzy If-Thenルールの分野の研究で私は博士号を取得しましたが、自動的にルール獲得をする枠組みが、今、注目をあつめている機械学習です。人工知能の技術が、人間の仕事を奪うのか、それとも人工知能と人間の共存が可能なのか、競争ではなく共創というキーワードを用いて、慶応大学の山口先生が説明してくださっています。後編の最後には、視力をなくした方がGoogleの自動運転車で買い物に行かれる様子が描かれています。自動運転車のドライバー第1号という紹介がされていますが、その番号が99億人まで番号付けできるようにしているところに、Googleの意気込みが感じられます。

前編 なぜ人工知能ビジネスは2回も失敗したのか
http://ascii.jp/elem/000/000/851/851380/

中編 東大生がロボットに仕事を奪われる日は来るのか
http://ascii.jp/elem/000/000/856/856376/

後編 グーグルの自動運転車で製造業が崩壊する
http://ascii.jp/elem/000/000/855/855663/

スクリーンショット 2015-05-21 8.04.21

This entry was posted in 一般. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当てはまる数字が認証コードになります. *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>