渡邉真也,奥寺将至:看護師勤務表作成問題に対する進化型多目的最適化に基づくアプローチの提案

渡邉真也,奥寺将至:看護師勤務表作成問題に対する進化型多目的最適化に基づくアプローチの提案,進化計算学会論文誌,Vol. 5,No. 3,pp. 32-44,2014年

https://www.jstage.jst.go.jp/article/tjpnsec/5/3/5_32/_article

This entry was posted in 文献/論文. Bookmark the permalink.

One Response to 渡邉真也,奥寺将至:看護師勤務表作成問題に対する進化型多目的最適化に基づくアプローチの提案

  1. masui says:

    看護師勤務表作成問題は絶対に満たすべき制約条件を全て満足した解を導出することが困難とされている.現在取り組んでいる,統計データからの個人データ復元では,合わせるべき統計データに対して完全に適合するような解を導出することはできていない.実行可能解の導出が困難であるという点は共通している.この論文では,容易に満たすことができる制約条件はあらかじめ満たしておくという処理を提案し,手法の中でその処理を行っている.問題の難易度が高い場合は最適化手法の性能に頼るだけではなく,このような処理を組み込むことが必要であるかもしれない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当てはまる数字が認証コードになります. *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>