増島稔,森重彰浩,年金の受益と負担に対するデフレの影響

増島稔,森重彰浩,年金の受益と負担に対するデフレの影響,経済社会総合研究所,ESRI Discussion Paper Series No.282,2012

http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis282/e_dis282.html

This entry was posted in 文献/論文. Bookmark the permalink.

One Response to 増島稔,森重彰浩,年金の受益と負担に対するデフレの影響

  1. DuNisuo says:

     現行のマクロ経済スライド制度はデフレ時には発効しないので、デフレが生じると受給水準が抑制されず、世代間の受益と負担の格差は拡大する。
    年金制度における世代間の受益と負担の格差を拡大させないため四つ点を提出した。
    ①現時点の受給世代の年金水準を早期に抑制する
    ②年金財政の収支を早めに改善させることによりマクロ経済スライド調整期間を短くする必要がある。
     デフレとの関係について、
    ③デフレから早期に脱却する
    ④デフレの長期化とき、デフレが生じてもマクロ経済スライドが発動するように制度を変更することも必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当てはまる数字が認証コードになります. *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>