社会情報学フェア2005

"メディア戦争"時代を考える:多メディア時代の世論形成

2005.9.14 京都大学時計台記念館にて

社会情報学フェア2005特別企画トークセッション


 最近、巨大メディアを巡るさまざまな問題が起こっています。 いわゆる「NHK問題」や、「ライブドアによる日本放送株券 取得問題」などが挙げられますが、今回のトークセッションでは、既存 のメディアが、多メディア時代にどのような役割を果たしてい るか、あるいはこれから果たしてゆくことになるのかを、多メディア時代の世論形成という論点から取り上げたものです。

冊子PDFダウンロード
セッションに使ったデジタル白板の記録
トーク用資料(遠藤)
トーク用資料(筑瀬)
トーク用資料(神田)
トーク用資料(林)
セッション記録ノート by ゼミ生