panda

はじめに

このサイトは、中国におけるメディアの変遷をみて、情報統制の現状を考察するものである。

1989年、北京の天安門広場で、学生が中国の民主化を求めるデモを起こした天安門事件から25年が経過した。この事件では、人民解放軍が武力弾圧を した結果、3000人以上の市民が負傷し、36人の学生を含む200人以上が死亡した。しかし、上記の被害者情報に関しては、中国当局は真相解明を拒み続 けているため、詳細はわかっていないままである。また、2014年6月1日、中国で放送されているNHK海外放送のニュース番組で、天安門事件に関する内 容を伝えた際、数分間にわたって放送が中断された。
 このように、中国では国内でのデリケートな事件の情報、或いは、政府が国内に悪影響を及ぼすであろうと判断した情報が規制されている事例が他にも多く見 られる。

このサイトでは、現在に至るまでの中国のメディアの変遷を辿るとともに、こうした情報統制がどのようにして生じつつあるのか分析することで、今後の中国社会、および中国のメディアの動きを考察する。